世界初の政府ICO、estcoin(エストコイン)が本物だった件【エストニア】

Pocket

LINE@を始めました。LINE@では気になったICOやその他情報を記事にして発信しています。
(現在:登録者84人)
(m´・ω・`)m アリガトウ…

世界初の政府ICOが本物だったと私の知人の凄腕ブロガーの方が証明しました!
エストニア大使館に電話して確認したところ、どうやら間違いないっぽいです。
世界初の政府が行うICOなのでヤバそうな臭いがプンプンします。

政府ICO公式サイトはコチラ

エストニア共和国が「ICO」を検討中

政府ICO公式サイトはコチラ

エストニア共和国が世界初の政府ICOを検討していることが発表されました。

実際に知人がエストニア大使館に連絡したところ、間違いなく本物との連絡がはいったとのことでした。

エストニア大使館

そして、実際にホームページに行って確認してみたところ

でかでかと書かれている文章を和訳すると、

「世界初のICOを検討してますよ」と書かれてあります。

また、メールアドレスを入れて登録しておくとエストコインに関しての情報が発表されたら、メールに送られるみたいです。(エストコインのメルマガ的な)

このサイトに入った瞬間の第一印象は「公式ページならもっと手の込んだサイトにすればいいのに」でしたw

ちなみに、ちょっと余談ですがエストニアについて調べてみたので紹介してみます。

エストニアの場所

なんでもIT分野に長けている国みたいで、国外の人々にもインターネット経由で行政サービスを提供するE-Residency(イーレジデンシー)=電子居住権、っていうもの使えるみたいです。

E-Residency(イーレジデンシー)とは?

E-Residency(イーレジデンシー)をざっくり説明すると、あなたもエストニア人とほぼ同じ優遇を受けられますよ。ということです。
登録すると、ICチップ搭載のカードがもらえるみたいですよ。(日本で言うマイナンバーカード的な?)
ちなみにそれで、エストニアに銀行が作れたり、会社を登記することも可能になります。
ただ、選挙権等は与えられないみたいですね。

エストコインの使い道

政府ICO公式サイトはコチラ

まずestcoin(エストコイン)は政府がICOをやりますよ。と発信して、人々がそれに投資します。

そこで調達された資金は「公民館パートナーシップ」(Public Private Partnership)によって管理されるみたいです。

また、その資金の使い道は人口知能やスマートコントラクトなどあらゆる技術に投資するそうです。

多くの人々に恩恵を受けるための技術に投資するって、なんかいい国ですね。エストニア。

エストコインの信ぴょう性

政府ICO公式サイトはコチラ

間違いなく本物といって問題ありません。

大使館に連絡済み&エストニア自身も公式にハッシュタグで #estcoin #eResidency を通して意見を募っています。

信ぴょう性は問題なさそうですね。

管理人について

最新情報を限定公開していますのでよかったら登録してみてください!