LINE@登録者 現在:780名増加・・・ 《クリックして確認》

ArcblockとEtherDelta(イーサデルタ)が提携!!登録&投資まとめ

Pocket

(現在:登録者530人)

素晴らしいICOが見つかりました。

「これ跳ねる!w」と直感でそう思った次第です。

ArcblockというICOなんですが、簡単に言うと、ビットコインやイーサリアムの上を行く通貨で、ビットコインが「Blockchain 1.0」、イーサリアムが「Blockchain 2.0」、そして今回のArcblockさんは「Blockchain 3.0」を実装するとのこと。

Arcblock

 www.arcblock.io
ArcBlock
ArcBlock

 

※購入は2月3日からですが1月28日までにKYCの申請が必要になります。

ちなみに「Blockchain 3.0」はICO発となるそうで、仮想通貨界に今だ「Blockchain 3.0」は存在しません。

ここだけで見るとただ書いてるだけじゃん?と思うのですが、どうもこのプロジェクトにEtherDeltaが協力(提携)しているみたいなんです。

 

追記:Cybermilesとも提携しておりました。

Cybermilesとも提携しており、ますます話題になるのでは?と思います。

・100憶円規模のETHを調達

・BinanceにてCMTとして上場済み

 

そこで記事にせねばと思い書きました。

「Arcblockで億り人なるか!?」

Arcblock公式サイト:https://www.arcblock.io/

ホワイトペーパー:https://www.arcblock.io/file/whitepaper/WhitePaperEnV2_en-US.pdf?v=4

注意
・国の規制により米国、中国、韓国、ニュージーランドの方はICOに参加できません。(KYCにて確認)
・ホワイトペーパーに記載されているプロジェクト通りにならない場合もあります。

Arcblockとは?

ArcBlockは「ブロックチェーン技術」+「クラウドコンピューティング」を組み合わせた媒体です。

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーンは、「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースである[4]

この鎖(チェーン)をつなげるのがマイナーの方々(マイニング報酬の為)

みなさんの送金はこのマイナーがつなげることで成り立っています。

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティングとは、ネットワーク、サーバ、ストレージアプリケーション、サービスなどの構成可能なコンピューティングリソースの共用プールに対して、便利かつオンデマンドにアクセスでき、最小の管理労力またはサービスプロバイダ間の相互動作によって迅速に提供され利用できるという、モデルのひとつである。このクラウドモデルは可用性を促進し、5つの基本特性と、3つのサービスモデルと、4つの配置モデルによって構成される[7]

簡単に言うと、一度PCやスマホでダウンロードしたものを他のデバイス(PC、スマホ、タブレット等)で使用できるというもの。

皆さんはメールアプリをスマホに入れてあると思うのですが、それ、PCでも見られるようになっていますよね?

簡単に言うと、それですw

Arcblockの目的

ArcBlockの目的は「ブロックチェーンの技術革新」とのことで、いままでの問題を克服するとのこと。

(BTCであれば送金速度、手数料等の問題)

ブロックチェーンの進歩を遅らせる原因になるものを克服して新たな技術を生み出すことに一生懸命みたいです。

ちなみにこのArcblockは”ArcBlock Foundation Limited”(企業)のもとで技術開発が行われており、その特許も出願中とのことです。

これが仮想通貨を代表する通貨になれば大変なことになりますね…

ArcBlockさんが素晴らしい理由

今までの仮想通貨のマイナーはただブロックをつなげて送金の手伝いをすることしか役割はなかったんですが、ArcBlockの技術であれば、マイナーは今まで通り採掘をするだけで、ArcBlock上のサービス、アプリケーション開発、ArcBlockの再利用可能なデータ部品(コンポーネント)に貢献してマイニング報酬を得ることが可能になるそうです。(一石三鳥)

これが「blockchain 3.0」の実装によって可能になるそうです。

EtherDeltaもこれを含めて素晴らしい技術と称賛しているわけですね!

また、Arcblockは実企業であり、Arcblock,inc のもとでサービスやプロジェクトを開発していくそうです。

Arcblock,incはこちら

↑最近作られた会社みたいですね。

そしてなんとあの分散型取引所であるEtherDeltaがTwitterにてArcblockは素晴らしい的なことをつぶやいています。

みんなにとっても嬉しいお知らせだよ!

我々は今回、ArcBlockと本格的にパートナー契約を結ぶことになったんだ。

ArcBlockで使われる技術はかなり凄いよ!

我々はその技術を迅速かつ効率よく提供できるようにしていきます。

乾杯!

しかしながらバックにEtherDeltaがいるからと言って必ず儲かる!とは限らないのでそこのところ、注意が必要です。

(よくLINE@にそういった内容が来ます)

トークン詳細

※プライベートセール(プレセールの前段階での販売)で既に30憶円ほど調達しております。(大口投資家用)

ICO ArcBlock
トークン ABT
総発行枚数 1億8600万枚
プライベートセールスキャップ(完売) 25000ETH (現レート:30憶円)
プライベートセールス価格 1ETH=2052 ABT (現レート:1枚=約58円)
プライベートセールス購入数量 MIN=100ETH  MAX=1000ETH
ICO価格 1ETH=1900 ABT (現レート:約63円)
ICO購入数量 MIN=0.1ETH  MAX=50ETH
ソフトキャップ 12000ETH (現レート:14億4000万円)
ハードキャップ 37500ETH (現レート:450憶円)
プライベートセールス期間 2018年1月12日~2018年??月??日
ICO期間 2018年2月3日~2018年2月10日 ※7日間のみの販売
Arcblock公式サイト https://www.arcblock.io/

プライベートセールスという文字が出てきましたが、おそらくプレセールのことかなと思います。

また、ICO期間が1週間しかありませんので、かなり争奪戦になる?可能性があります。

購入予定の方は必ず1月28日までにKYCを完了させておくようにしてください。

ロードマップ

下記はロードマップになります。

Q2 2018年に取引所で売買が可能になる事が記載されていますが、いつから、と詳細な情報は記載されておりません。

そのほかにも、ArcBlockの今後の5年間分のプロジェクトプランが表示されてましたのでご確認ください。

(内容は上記、ArcBlockとは などで説明した内容なんかが記載されていますが、翻訳が面倒でしたので画像のみです。ごめんね。)

でもこれ見たときは個人的に、数年間はABTを握り占めておこうと決意した次第であります。

KYCの手順

※KYCの期限が1月22日午前1時まで、短縮になりました。

(当初1月28日)

※申請にかかる時間が7~10営業日に変更になりました。

(当初3営業日)

 

今回の変更はKYC登録者が急増した為とのことです。

購入予定の方はお気をつけください。

登録方法

1.公式サイトに移動します。

※フィッシング防止の為、必ず公式サイトか確認してください。

Arcblock公式サイト:https://www.arcblock.io/

2.各項目を入力します。

3.メール認証を行いますので、メール内URLをクリックします。

これで登録は完了になります。

購入は2月3日~ですので、その際にまた記事にします。

※購入できない可能性が出てきましたのでその際はすみません。

購入方法

2月3日以降更新予定。

ArcBlockチーム

チームメンバーの中に元Microsoftの技術者(現Liqui Hub)がおりましたので写真だけでもどうぞw

ArcBlock協力企業

企業の名簿が掲載されていましたが信ぴょう性はどうかわからないですが、LINUXやIBMなんかの名前があったりします。

また、当然ですが、EtherDeltaも記載されておりました。

(実際にLINUXサイトに行き、提携先を調べましたが、あまりの多さに目がチカチカしたので断念しました。)

Linux Foundationはこちら

メディア

さすがに「Blockchain 3.0実装」とのことだけあってか、多くのメディアに取り上げられております。

SNS関係

Twitter

Twitterのフォロワーは1万人を超えており、ICO前のアカウントの中でもかなり多い事がわかりますね!

Facebook

こちらは5000人と、Twitterほどではありませんがそれでも多い方ですね。

Telegram

こちらはかなり多いです。

すでに33000人が登録しており、普通のICOであれば販売開始時点でも数千人規模がほとんどです。

有名なICOが上場した際でやっと数万人規模になるくらいですので、この段階から3万人越えはかなり海外勢のみなさんは注目してることがうかがえますね。

管理人について

最新情報を限定公開していますのでよかったら登録してみてください!


※投資は自己責任でお願いいたします。
また、余裕資金での投資を心がけてください。